快気塾の気功ってどんなもの?

快気塾の気功は矢山式気功を基本とし私の開発しました手法を取り入れた気功です。

人間の身体には気の出入り口であるチャクラがあり、主たる位置は頭頂の百会、額の印堂、喉の天突、胸の壇中、鳩尾、へそ下の下丹田そして曲骨、背骨側には下から仙骨、命門、脊柱、霊台、大椎、脳戸、百会、の13か所です。それぞれ身体の前後で対になっています。
気功で身体を練ることにより小周天が前回り(任脈)後ろ回り(督脈)と廻って気が通ります。
立禅をし両手を胸の前で向かい合わせるとその空間に気を感じる事が出来ます。
私達の身体には血が流れ、水が70%あります、しかし気が体内を通っているのを感じる方は少ないです。
気は見ることが出来ず感じるものなので気の存在を理解してくれる方が残念ながら少ないのが現状です。

気の出入り口・チャクラ

1つの例を上げますと幼稚園の園児は以前は「無邪気」で気もピュアでしたので保育士さんは園児からパワーを頂いていましたが、最近の園児は「無気力」な子が多く保育士さんは非常に疲れています。
幼稚園や保育園で気功をすれば園児も気の流れが良くなり「無邪気」な、いわゆる邪気の無いピュアな子どもに蘇り保育士の先生方も元気を取り戻します。
最近の赤ちゃんは自宅でハイハイをあまりしないため「脳幹」が発達しないので無気力な子供になってしまい、それが要因になりいじめ、引きこもり、不登校へと繋がって行きます。

小周天を廻して体内に気を通し、大周天で天地のエネルギーを取り入れ、チャクラを活性し脳幹を鍛えるのが快気塾気功の基本功です。
身体を練る「快気塾」気功で幼児から成人の身体的能力と精神的能力を高め溌剌とした子供達を育成し、成人の健康促進をお手伝いしていきたいと思います。


易気功に使用する天地の図

気功教室・快気塾

① 天 - 陽気

① 天 - 陽気

② 風 - 潜力

② 風 - 潜力

③ 火 - 光熱

③ 火 - 光熱

④ 澤 - 誘力

④ 澤 - 誘力

⑤ 雷 - 噴発

⑤ 雷 - 噴発

⑥ 水 - 柔流

⑥ 水 - 柔流

⑦ 山 - 静止

⑦ 山 - 静止

⑧ 地 - 育力

⑧ 地 - 育力

をそれぞれ表しています。