指気功で楽器もルンルン

前回は男性と女性の気の周りかたが異なることをお伝えしました。今回は私たちが毎日使っている指に気を通す気功をお伝えしたいと思います。

20年程まえに指回し運動が話題になりましたが、指を廻すのがなかなか上手くいかなかった記憶があります。
指気功は私たちの体を構成している部位を順番に声を出し指を根元から曲げるだけです。

身体を構成している部位は表面の「皮膚から筋肉・すじ・骨・神経・すべての細胞に感謝、感謝」これらの部位を声を出しながら右手の親指から曲げて行きます。同様に人示し指、中指、薬指、小指と曲げていき最後に五本の指を同時に曲げます。
右手が終わりましたら左手、そして両手を同じように行います。
これで指に相当の気が流れOリングテストで確認すると指が開きません。

指気功で楽器もルンルン

この様に指に気が充満しますとギター、ピアノなど指を使う楽器は今までと違った音の感触が得られると思います。指に気が入り指を使えば使うほど脳の活性化にもなります。指気功を100回、1000回と行えば指気功の達人になっていきます。

指気功「皮膚・筋肉・すじ・骨・神経・すべての細胞に感謝、感謝」を是非暗記して電車の中や、待ち合わせの時にいつでもどこでもできますので指気功をマスターしてください。


コメント


認証コード2468

コメントは管理者の承認後に表示されます。