中性電解水その2私の体験談

中性電解水の活用を5年間研究してきたAさんの所へ訪問し、様々な事例を教えて頂きました。改めて電解水の凄さを体験し、やはりこれは本物だと実感し帰ってきました。電解水をスプレーで手に噴霧し、その電解水を私の体にすり込みを繰り返し行い、踵から上半身まで40分ほど行い心身ともにスッキリし、楽になりました。足首、膝、股関節の動きが軽やかになり至福の時間でした。毎朝私は6時30分に目覚めますが、翌朝目覚めたのは9時30分でした、トイレにも起きず爆睡でした。また翌日も目覚めたのは9時でした。3日目にやっといつもの時間6時30分に目覚めました。

疲れて爆睡しても翌日疲れは残りますが、電解水をすり込んだ体のメンテナンスは同じ爆睡でも脳の休まり方が全く違うと感じています。
また40分の電解水のすり込みで私の体は細胞が活性し若返ったと思っております。

Aさんの話では、体力が落ち歩く事もできない80才過ぎたおばあさんが4時間程、体に電解水をすり込んだところ、一人で歩いて帰ったのでみんなビックリ、翌日その後の様子を見に行ったところスーパーマーケットに買い物に行き手荷物を持って帰ってきたので2度ビックリしたと言ってました。

私の気功教室に来ている女子中学生が陸上部に入っており、疲れがたまっているため私が10分程電解水をすり込み、お母さんにすり込み方を指導し、30分はお母さんにメンテナンスをして頂きました。
彼女の体が柔らかくなり目も輝き笑顔が一杯でした。足が躍動するようになりお母さんとども喜んで帰って行きました。

アスリートをサポート

私は女子中学生の様に小学生のスポーツ少年団、中高生の部活のトレーニングなどで体の苦痛を感じている子どもたちに電解水を使用しメンテナンスをしてあげたいと思っています。
子どものフィジカルメンテナンスに電解水を活用して行きたいと思います。


コメント


認証コード7953

コメントは管理者の承認後に表示されます。